入学祝いの相場

入学祝いの相場

「甥っ子が小学校に入学した。」「姪っ子が高校に入学した。」など嬉しい晴れ舞台の幕開けになるイベントですが、そこで入学祝いを贈らなければなりません。「一体どのくらいの金額を包めばいいのか。」と考えてしまう人も多いと思いますが、入学祝いの相場はほとんど決まっているのです。

 

贈る相手と自分に立場によって個人差があったり、各家庭での金銭感覚や価値観の違いによってもある程度の金額になってしまいますが、一般的に入学祝い金は3000円~3万円の間で調整されます。

 

細かく分けるとすると、小学生なら3000円~5000円。中学生なら5000円。高校生なら5000円~1万円。大学生なら1万円~3万円となります。

 

入学祝い金を贈る時期としては、入学が完全に決まった後でなければなりません。近所なら入学前でもすぐに渡すことができますが、遠方の場合は簡単にはいきません。入学式前に贈ることができれば理想的ですが、難しい場合は入学式の後でも構いません。

 

少子化の影響で入学祝いの相場も上がっているようですが、各家庭の判断で入学祝いの金額を決めたとしても問題はありません。更に時期が遅れたとしても、相手との関係が良好なら「遅くなってごめんね。」と一言断りを入れておけば良いのです。

 

入学祝いの相場は贈る相手によって悩まされることが多く、自分の身内ならあまり深く考えなくても決めることができますが、相手が義理の姪っ子や甥っ子の場合はそうはいきません。

 

本来は子供に渡す入学祝い金ですが、小学生や中学生では親や祖父母が関係してくるケースもあります。高校生ぐらいになると自分自身で管理することができるようになりますが、低年齢ではお金の管理が保護者になってしまいます。

 

例えば「義理母の手前、甥っ子には少し多めに贈った方が良いのかな。」と考えてしまっても、それはごくごく普通の感覚です。金額を確認するのは義理の兄弟・姉妹であっても、ほとんどの場合そこには義理の母親が登場します。

 

家族関係が良好なら揉めることはありませんが、入学祝い金とはいえお金が絡むと人間の本性が現れるので、入学祝いの相場に近い金額で送っていたほうが無難にすむと言われています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク